治療できる

多汗症治療の移り変わりとは

多汗症とは特に暑さを感じているわけでもないのに、手のひらや足の裏、わきの下などに大量に汗をかくことをいいます。 多汗症は精神的な緊張によって起こることが多く、汗をかいていることを意識すると余計に緊張し大量に汗をかいてしまうのです。 しかし多汗症は治療することによって改善することができるのです。多汗症はエクリン腺からでる汗が原因のため、手術によって汗腺を取り除いたり、また神経をブロックすることによって治療できるのです。 しかし最近では手術しない治療法も開発されており、マイクロウェーブのエネルギーによって破壊したりボトックス注射により汗が出るのを抑えることもできるのです。 このように多汗症治療も進化しているのです。

今後の動向についての予測

多汗症は大量に汗をかいてしまうため、人前に出るのを避けてしまう人も多いのです。汗をかいてはいけないと思うほど大量に出てしまうため自分では抑えることができないのです。 しかし多汗症は治療することによって改善することができます。精神的な治療法から外科的な治療まで様々な方法があるのです。 多汗症の今後の動向ですが、精神的な治療で治らなかった場合には汗腺を破壊するなどの治療が行われていくと考えられます。 また症状が軽度の場合であればボトックスを注射することによって汗を出さないように抑えることもできるのです。 ボトックス注射であれば5万円から8万円ほどで治療を受けることができるので、比較的利用しやすい治療法です。