気になる料金

脂肪溶解注射の効果と1本あたりの料金

美容整形外科では、体に管を通して脂肪を抜き取るという脂肪吸引術がおこなわれています。脂肪を物理的に除去できるので、高い痩身効果があるのですが、しかし管を通す箇所に傷が残ってしまいます。 そのため昨今では、脂肪溶解注射もおこなわれるようになっています。これは、脂肪細胞の表面を溶かすことで、脂肪をドロドロの状態にする作用のある注射です。これにより脂肪は、体液に溶け込んで、自然に排出されるようになります。 脂肪吸引術のようにすぐに効果が出るわけではありませんが、体に傷跡が残らないので、脂肪溶解注射には高い人気があります。料金も脂肪吸引術より安く、1本あたり1万〜3万円となっています。 脂肪溶解注射は、1本でだいたい手の平と同じくらいの範囲の脂肪を溶解させることができます。そのため広範囲に効果を得たい場合には、何本か注射することが必要です。その場合、1本あたりの料金がやや安くなる傾向があります。

効果は出やすくなり、内出血は起こりにくくなりました

従来の脂肪溶解注射では、脂肪が溶けて排出されるまで1ヶ月ほどの期間が必要でした。しかし需要が高まるにつれて改良されていき、現在では数日から1週間ほどで効果が出始めるようになってきています。よりスピーディに、痩身効果を得ることができるわけです。 また、以前は脂肪溶解注射後に、内出血が起こることもよくありました。これは、注射針が血管に触れてしまうからです。そのため昨今では、0.5ミリ程度の極細の注射針が使われるようになっています。細いため血管に触れてしまうことはほとんどなく、注射後の内出血が防がれます。 このように脂肪溶解注射は、需要に合わせてどんどん進化してきているのです。そしてそれにつれて、さらに需要が高まっているという状態です。